起立性調節障害の治療@どんな治し方が有効なのか?

起立性調節障害からの社会復帰

 

起立性調節障害であると診断されると、まず考えるのはこの病気がどれくらいの期間で治療できるのかということです。学校にちゃんと行けるかどうか不安になるということも思春期にはありますし、社会人にもなれば仕事や生活のことも考える必要があります。

 

起立性調節障害では、全体の約4割ほどには症状が大小残ると言われています。ただ、それによって社会活動ができないわけではなく、多くの場合は薬の服用を必要とせずに、日常生活を支障なくできるレベルには回復します。治るという段階をどう理解するかにもよりますが、上記のレベルを治ると考えるのであれば、数年でよくなるケースがほとんどです。ある程度回復してきたら、進学のタイミングなど区切りのタイミングで学校や職場などへの社会復帰を行なうケースが多いとされています。

 

それでも朝の寝起きが辛いという人はいますが、繰り返し標準的な生活に合わせようと努力する中で慣れていきますから、あまり心配する必要はありません。多少の寝坊や遅刻は仕方ないものとして開き直ることも復帰当初には必要です。

 

ひとつ注意しておきたいのは、健常な人と比較すれば、治ったとしても元起立性調節障害患者には健康上のリスクがいつもあるということです。それは自律神経を失調しやすいというリスクかもしれませんし、またメンタル面でもろい傾向があることかもしれません。いずれにしても、社会生活の中で心身への負荷が大きくなる状況は避けるようにすることが大切だということを忘れないようにしてください。

 

起立性調節障害と遺伝について

 

体内時計という言葉は一般的に知られていますが、実は体内時計は必ずしも皆が同じということはありません。よく言われるのは、実は人間の体内時計は24時間より少し短いという話ですが、中には25時間と言う人もいるそうです。こうした体内時計を作る時計遺伝子は、親のもつ遺伝子が子どもに遺伝すると考えられています。それによってショートスリーパーやロングスリーパーといった睡眠習慣や、夜型や朝型といった生活パターンの基礎となるそうです。

 

もちろん、後天的な生活環境や生活リズムの影響は大きいので、さほど気にする必要はありませんが、起立性調節障害と呼ばれる疾患は体内時計が関係しているため、遺伝の傾向があることは覚えておく必要があります。眠りが浅い、朝起きれない、夜寝付きが悪いという睡眠に関することも遺伝の影響があるとされていますので注意しておきましょう。こうしたものは、遺伝子による遺伝もありますが、一緒に生活していると生活習慣そのものが同じリズムになっていきますから、生活の遺伝にも注意を払う必要があります。

 

また、性格の遺伝にも注意が必要です。起立性調節障害の人は基本的に周囲に過剰に適応して気を遣うタイプの人が多く、その親もそういう人であることが多いです。性格も遺伝しますから、起立性調節障害を親がもっている場合にはより注意が必要です。

 

様々な資質を遺伝で受け継ぐために起立性調節障害が発症しやすくなることはあります。基本的に自律神経失調が起こっている状態ですから、他の多くの病気になるリスクも高まっていると考えておくにこしたことはありません。

 

起立性調節障害と学校側の対応

 

起立性調節障害を抱える子供は、全体の5〜10%程度になると言われていて、場合によっては不登校になる場合もあります。こうした場合は、家庭だけでなく学校側のサポートも必要となります。

 

起立性調節障害では午前中を中心に体調不良が生じることは少なくありません。たとえ授業中だとしても、休憩時間だとしても、突然生じることもあります。そういった場合、立っている、作業をしている状態では、めまいや立ちくらみから危険を伴うこともありますから、早めに保健室に移動させて横になれるようにしましょう。また、登下校の際に教師やクラスメートが過度に迎えに行くようなこともよくありません。本人が強くストレスを抱えてしまうこともあります。できるだけしっかり相談して、本人の意思を尊重しましょう。時間帯についても柔軟に対応することが望ましいです。

 

保護者のケアも学校側はする必要があります。不登校が続いているようなら、欠席連絡ではなく出席できる日に連絡をさせてあげるようにするだけでも精神的負担は軽くなりますし、また決して家庭の養育方針や環境を批判することも良くありません。

 

そして、水分不足は血流量を少なくし、血圧を低くしてしまって症状を強くしますから、水分補給には気を使ってあげましょう。特に暑い季節や体育の時間は注意が必要です。何事においても無理はさせないこと、そして関係する教員にも良く事情を知っておいてもらい、何かあれば適切に対応できる体制を作ることが大切です。

 

起立性調節障害と血圧トラブル

 

起立性調節障害における症状は、低血圧と似たようなものがありますが、実際、血圧に問題がある場合が多いです。これは、自律神経が適切にはたらいていないために、血圧がうまくコントロールできずにトラブルとなっていることが多いです。

 

低血圧に多いのは、起立直後性低血圧と呼ばれるもので、起立直後に一過性の強い血圧低下があり、同時に強い立ちくらみと全身倦怠感があります。軽症型と重症型があり、起立時の血圧低下が強く、収縮期血圧が15%以上低下したままの場合は重症とされます。

 

体位性頻脈症候群も多く見られるものです。起立時に低血圧になることはありませんが、起立時頻脈とふらつき、倦怠感、頭痛などが症状として現れます。過剰な交感神経興奮やアドレナリンの過剰分泌が引き起こすと考えられます。神経調節性失神と呼ばれるケースもありますが、これは上記の二つのタイプと合併して起こることがあります。起立中に突然血圧が低下したり、頻脈が起こったりします。遷延性起立性低血圧と呼ばれるものもあり、これは起立直後ではなくその後数分後に血圧が徐々に下降していくものです。あまり多く見られません。

 

こういった血圧のトラブルの他にも、起立性調節障害では、循環器の異常などが原因で慢性疲労、入眠障害、頭痛などを併発していることも少なくありません。他にもストレスから来ると考えられるうつ病などの精神疾患や過敏性腸症候群などが出ているケースも見られます。まだまだ子供の起立性調節障害にはわからないことも多いですが、できるだけ本人の意見を参考に、理解に努めてあげることが大切です。

 

起立性調節障害と心の病

 

起立性調節障害とうつ病などの心の病はまったく別のものとされているのですが、発症後の反動で問題が生じるということは少なくありません。もともと起立性調節障害になりやすいのは、周囲に対して非常に気を遣うタイプの子が多く、このような子は幼児期から多くのストレスにさらされているケースが少なくありません。それで、発症すると抑圧していたものが一気に出てくるようになり、強く反抗したり、敵意をもったり、逆に極端に甘えるようになることがあります。

 

起床や登校といったことができなくなることが自分でも許せなかったり、それが周囲にどのように見えているのかということを考えすぎて、強いストレスになることもあります。

 

こういった様々な感情の中で揺れ動いている状態ですから、普段の様子からは考えられない言動をすることもあることは知っておくべきです。知らないと、豹変した子供の態度に驚いてしまうことも少なくありません。親が対応に戸惑い、子供に対して強く出てしまうと親子関係は悪化しやすくなるので注意が必要です。良好な親子関係は家庭の基本であり、これなしには子供は居場所を失ってしまいます。すると孤独感からストレスが強くなり、治療が進まずに長引いてしまいますから注意しましょう。

 

起立性調節障害そのものは心の病ではありませんが、起立性調節障害が理解されない、誤解されるといった精神的苦痛から生じる心の病は十分に起こりうると考え、治療中からメンタルケアに十分に配慮することが重要です。

 

不登校と起立性調節障害

 

起立性調節障害の診断を受け、不登校の状態になっている場合には親は心中おだやかではいられないものです。学校に行けないのが病気のためなのか、それとも学校に何か問題があるのかと色々と考えてしまうものです。

 

起立性調節障害だとしても、必ずしも不登校になるのではありません。軽度であれば学校に通うことは十分できますが、中度になると不登校になる子も多くなって、重度になれば不登校のほうが多くなります。不登校になることは健康な状態でもありえますから、親が悩むのは仕方ありません。子供に聞いてみても、不登校の理由を言わない場合、余計に複雑になります。

 

起立性調節障害が原因で学校に行けないという場合は、病気が治れば自然と学校に戻るようになります。本当に子供が学校に行きたいのか、それをどのような形で確認するべきかという問題は残りますが、この部分に問題がなければ病気の影響を考えるべきで、治療に専念させてあげるべきです。

 

症状が重いと、多くの場合は学校に行きたいという気持ちもそがれてしまうようです。というのは、周囲の友人や学校側から誤解を受け、特別扱いや怠けと考えられてしまうことは多いからです。叱責や励ましが逆効果となって、かえって症状も気持ちも深刻な状態にしてしまいますから注意が必要です。精神的な負担が不登校につながることもあるのは言うまでもありません。

 

起立性調節障害と関係なく不登校になっている場合は、人間関係のトラブルや学業などに対するストレスが強くなっている可能性が大です。見極めるためには、傾聴する姿勢をしっかり持って、子供の目線に立って事情を時間をかけて聞いてあげることが大切です。

 

さらに詳しく、こちらもどうぞ http://moviecroft.com/

 

チェストベリーはニキビに効果はあるのか

 

チェストベリーというのは女性ホルモンの分泌を促進させる役割があります。だから、ホルモンバランスを整えていくことによって、若い女性のニキビや更年期障害等を改善する力があるのです。

 

中央アジアや地中海などの乾燥地帯が原産国であるチェストベリーは、昔から男性の性欲を低下させてしまう効果があるとして有名だったようです。でも、今では女性ホルモンの分泌を促進させる成分が含まれていることが知られています。それにより、ニキビを治す効果もあるようなのです。それから、月経不順にも効果がありますので、20代から30代の女性にとってもチェストベリーは健康効果があります。

 

ニキビというのは、一般的にはアクネ菌という細菌が原因でできるものなのですが、女性の場合はホルモンバランスが崩れてしまうことによって、免疫機能が低下してしまい菌が繁殖してしまうようです。ですから、チェストベリーのサプリメントを飲み、ホルモンバランスを整えてあげることによってニキビを治すことができるのです。

 

また、女性ホルモンが正常に分泌されることで、精神的な不安や憂鬱な気持ちというのも緩和されていくので、女性ホルモンの分泌が少なくなる40代以降の女性にとっては非常に効果があるようです。

 

サプリメントとして3千円くらいの金額で販売されているようですので、容易に手に入りやすい商品となっています。しかし、錠剤を飲むのがなんだか苦手という人って案外多いですよね。そんな方に選ばれているのがチェストベリーハーブティーになります。ノンカフェインですから寝る前でも安心して飲むことができます。カロリーも1袋11.3kcalととても少なく、寝る前の空腹も抑えることができるので一石二鳥でしょう。

 

女性特有のお悩みに チェストベリーのサプリはこちら

更新履歴

Copyright (C) 2016 起立性調節障害の治療@どんな治し方が有効なのか? All Rights Reserved.